Brad Mehldau Trio「Seymour Reads the Constitution!」

変なタイトル。そして、変なジャケ写。というのが第一印象。 親しみやすさ・わかりやすさ・楽しさ・かっこよさ・オシャレさ… 外面には、そういった「魅力点」を稼いで目を惹く仕掛けがない。むしろ、敢えてとっつきにくく壁を作っているようにも見える。 これは単純に「イイ!」「好き!」「楽しい!」と言えるものではない、と思わせる佇まい。 実際、聴いてみてもそうだった。問題作、だと思う。これは。

続きを読む

Brad Mehldau「10 Years Solo Live」Disc 4

テーマは「E minor / E major」ホ短調とホ長調。 これも minor を先に持ってくるのが、やっぱり「らしい」。というか、根本にあるものは「Dark / Light」と同じなんだろう。陰と光のコントラスト、そしてそのあわいにある階調。それを違う表現で言い換えている。 「The Bard」が「Highway Rider」に姿を変えながらも、同じく「旅」を描いていたように。ひとつの地点や姿から出発して、同じ場所に帰還することを繰り返す。カジュアルに言えば「家に帰るまでが遠足です」、教養あふれる感じで語るには「オデュッセイア」までいくことになるのかもしれない。それは語れないけど、何よりも彼自身の生き方が、この十何年そうであることは、見ればわかる。

続きを読む

Brad Mehldau「10 Years Solo Live」Disc 3

テーマは「Intermezzo / Rückblick」「間奏曲 / 回想」 ジャケ写は下り階段。 レトロ建築っぽい幾何学デザインのガラス、窓辺にはヒトデや貝のオブジェ。 「After Bach」の階段に比べればかなり明るくカジュアルだけど、世界観としては細くつながっているのかもしれない。 そして、下り階段=記憶を遡るイメージというのは、欧米の人には一般的なんだろうか。 「SHERLOCK」のマインドパレスも、深層は階段を下ったところにあったよね。

続きを読む

もっと見る