Carlo Gesualdo 「TENEBRAE」

ジャケ写が好きシリーズ、第4弾。ジャズファンにはおなじみのECMレーベルから、古楽を一枚。ECMのジャケット、モノクロ写真好きの心をくすぐる、かっこいいのが多いよね。

続きを読む

Glenn Gould 「The Goldberg Variations」1955

ジャケ写が好きシリーズその3。自分の中で不動のトップ3の3枚目はこちら。グレン・グールドのデビュー作品にして、永遠の名盤といっても過言ではない一枚。

続きを読む

Bill Evans / Jim Hall 「Undercurrent」

ジャケ写が好きシリーズの外せない一枚といえばコレ。世界美ジャケ選手権(ないけど)のトップ争いに、自信を持って送り出せる一枚だと思う。

続きを読む